オープニング「牢獄にて」

- オープニング -

オープニング


GM:さて舞台はフェンディル王国です。
皆様、お察しの通り、洞窟の中ある牢獄に入れられています。
テツ:*やっぱりかい!
*事前に装備品の購入をしないように指示していた。

GM:状況としては、蛮族のリザードマンに襲われて、ここに閉じ込められたという感じです。
イリス:トカゲにかよ!w
GM:普通のリザードマンではなく、ワンランク上のリザードマンに襲われた感じはします。
エリック:ワンランク上だからって、満足しているわけではないよ?w
テツ:そのワンランク上というのは、どういうもんなんですか?
GM:それは魔物知識で判定して貰うしかないね。
 自分が戦った感覚として、普通のリザードマンにしては強かったという感じです。
一同:なるほど。

GM:で、牢屋に入っている皆さん同士、自己紹介をする感じで、こちらの冒険表を振って貰います。
 ではアイシャから。
 1d3を振ってください。
アイシャ:…2
GM:あなたは冒険者として魔物退治の依頼をこなしながら……
 続いて、1d3を振ってください。
エリック:5W1H方式かよ!w
一同:w
GM:そんな感じです。
というわけでアイシャは
[魔物退治の依頼をこなしながら、ある時、指名手配されている魔物を退治する機会に恵まれた。そして、ケラスス村まで商隊の護衛をすることになり、途中、茂み隠されていた宝箱を見つけ、それを開けたら、リザードマンに囲まれていた]
アイシャ:なんかスカウトそのままなんですけどw
エリック:その前に、もうちょっと話の整合性をとれるように。
アンジェラ:それは無理だろ、この方式だとw
GM:冒険者の実際の経歴なんて適当やろ、気にしない気にしないw
アイシャ:ひでぇw

エリック:次はオレっすね。
GM:エリックさんは
[溝(ドブ)さらいや愚痴の聞き役など、安全第一の依頼をこなしながら、ある時、貴族の紳士から、謎の魔法に関する実験に参加するように頼まれる機会があり、貴重な体験をする。そして、ケラスス村が蛮族に困っているという話を聞き、蛮族退治の依頼を受けたあと、村へ向かう途中に襲われた]
イリス:安全第一はどこへ行った?w
テツ:安全第一なのに、なぜ魔法の実験に!?w
GM:魔物と戦うよりは安全だと思ったんじゃないの? ほら、貴族の紳士からの依頼だしw
 あとはまあ、蛮族退治とはいっても、リザードマンだということは判っていただろうから、レベル的にも余裕だと思ったんじゃないかな。
エリック:で、結局は襲われて捕まったと…
GM:そうなります。

アンジェラ:続いて私ですね。
GM:アンジェラさんは
[溝(ドブ)さらいや愚痴の聞き役など、安全第一の依頼をこなしながら、ある時、貴族のご息女から使いを頼まれる機会に恵まれ、大変感謝して貰える。そして、リザードマンと遭遇し、リザードマン程度なら軽く倒せると踏んで戦いを挑んだが、負けた]
一同:(爆笑)
イリス:一番だめだ~w
GM:最後は共通して、ここに来るわけだから仕方ないだろw

ザッハーク:次はワシかな。
GM:ザッハークさんは
[リスクの高い依頼をこなしながら、ある時、自信過剰になり過ぎて、パーティーの輪を乱して壊滅状態になったが、宝物だけは手に入れる。そして、フラーゲン伯爵から要人警護の依頼があり、フラーゲンのご息女をケラスス村まで警護する予定であったが失敗した]
エリック:それ、ご息女どうなったん?w
GM:さあ?w

テツ:次は私ですな。
GM:テツさんは
[リスクの高い依頼をこなしながら、ある時、危機的な状況からパーティーを救い出す。そして、フラーゲン伯爵から要人警護の依頼があり、フラーゲンのご息女をケラスス村まで警護する予定であったが失敗した]
ザッハーク:わしと一緒か~いw
一同:w

イリス:最後に私と…
GM:イリスさんは
[リスクの高い依頼をこなしながら、ある時、危機的な状況からパーティーを救い出す。そして、ケラスス村が蛮族に困っているという話を聞き、蛮族退治の依頼を受けたあと、村へ向かう途中に襲われた]
イリス:一番、整合性はとれてるかも。

GM:残念、今回は面白いのがでなかったw
テツ:どういうのがあったん?
GM:三回目に振るパターンだと『そして、そんな夢を見ながら旅を続けていると、リザードマンに襲われた』
一同:w
ザッハーク:やっぱりあったんか~w
イリス:私には一応、正当性があるな
テツ:俺だって、フラーゲン伯爵からの依頼だぞ?
ザッハーク:全員失敗しとるがなw
GM:だからここに捕まってるんだろw
一同:w

――これまでの冒険の経験と名誉点などを加算し、レベルアップをする――

コメントを残す