出発前

フラーゲン

イリス:しかし、食料とか気にする必要ならすることもないので、ブラブラしとくしかないけど…。
 あっ、祠(ほこら)を補強しておこうw
アイシャ:補強w
GM:フラーゲンの街の祠を補強しても、あまり意味ないのでは?
アイシャ:ケラスス村行った時に、また建てないといけないよ。
イリス:向こうは前回の時に建てた。
エリック:じゃあここに祠ないやん。
ザッハーク:建てなアカンやん。
エリック:お金あるの?
イリス:お金はあるよ。
アイシャ:じゃあ減らしとこうw
イリス:またお金無くなった(涙)

アンジェラ:ケラスス村に建てたマキシム神の祠、潰されてなかったらいいよなw
イリス:あぁーっ!?(泣)
エリック:
(村人a)「は~い撤去撤去、何コレ~」w
アンジェラ:
(村の神官)「うん、第三の剣の神様だと!? こんな異教の神にデカイ顔をさせてはならん!」w
エリック:
(村人a)「燃やしてしまえぇぇーっ!」w
一同:www

イリス:酷い話だ…。
エリック:だから、潰されないように見張りを立てておかないといかんw
アンジェラ:その見張りが裏切らないように、それにも見張りをつけるw
一同(爆笑)
アイシャ:さらにその見張りが裏切らないように…w
エリック:のちの五人組であるw
一同:www

アイシャ:しかし、二日間あるんか…
エリック:時間あるから、出来上がったばかりの祠の裏に『血が吸いたい』とでも書いた絵馬を置いておこう。
イリス:うわぁぁーっ!(涙)
一同:(笑)
エリック:絵馬って匿名やんな?w
アイシャ:たぶん、名前は書かなくてもいいはず。
GM:じゃあ、そこの二人は、これで行動終了ということでw
エリック:こんな行動にそんなディティールいるの!?w
一同:(笑)
GM:祠建てるんだろ?
イリス:祠建てるのに二、三日かかるので、それはいいよ。
GM:それに悪戯してるんだから、それだけで一日かかるだろうw
一同:(爆笑)

エリック:出来上がった祠に絵馬書くぐらいで、なんでそんなに時間かかるねん!w
アイシャ:だから、それは絵馬を作るところから始めるんですよw
エリック:絵馬は祠の横に置いてあるわけですよ
イリス:置いてないんじゃないかな。
アイシャ:小神やで?w
イリス:ほっといてっ!(涙)

アイシャ:といってもどうせ、私は神様なんか信じてないもん。
ザッハーク:ですよね…。
アンジェラ:別にプリーストの技能が取れないわけではないでしょ、種族的に。
アイシャ:興味ない。
エリック:プリースト技能は持っていないですけど、神様を信じていないということはないですよ、ボクは。
アイシャ:暗黒神とか、そっち系統の魔法が好きそうな顔してるよね…。
エリック:いやいやいや。光と闇が合わさらないと、最強になれないじゃないですか…。
一同:(爆笑)
アイシャ:お前ちょっと外出ろ!w
エリック:あぁ、ごめん! 
今ボクの第二の人格が何か失礼を!?
一同:(大爆笑)
アンジェラ:光と闇取りたいんやったら、私がフェアリーテイマー教えよか?
カイン:いきなり現実路線!w
アイシャ:ガチ、普通に対応してるこの人!w
一同:(笑)

エリック:どうしよう…二日間、これといって準備することも思いつかないなあ。
イリス:そういえば、前金の話はどうなった?
GM:ケラスス村までの護衛で2、3000Gは出すということになっています。他の騎士団との兼ね合いもあるのでしょう。
エリック:あぁ…あのノースリーブ、鬱陶しいわ~w
一同:w
GM:じゃあ、このまま過ごす感じで良いですかね?
カイン:買い物をしておきたいです。
エリック:事前情報くらいは集めておきたいところですね。
 それをやるのはボクじゃないけど…。

コメントを残す