閑話休題「冒険者表一覧」

ゲームマスターのWiccaが、キャラクター達が幕間に行った冒険を決定するのがこの冒険者表です。
キャラクターにとっては、プレアクト後に経験と金が手に入る表になっていますが
これが、笑いの種になる事も多く、結果によってはプレイヤーが切なくなる事もしばしば。

今回は、冒険の最初になる「なぜ、冒険者たちはリザードマンに捕まっているのか」に
焦点を当てた冒険者表になっています。

GMを行う際、単純に追加経験点を与えるのではなく、ちょっとしたネタとして
こういったやり方もあると、見て、笑っていただければと思います。

———————————————————————————
●冒険者表●

◯1回目(1d3)
あなたは冒険者として
1・リスクの高い依頼をこなしながら →2回目の1へ
2・魔物退治の依頼をこなしながら →2回目の2へ
3・溝さらいや愚痴の聞き役など、安全第一の依頼をこなしながら→2回目の3へ

◯2回目(1d3)
ある時
1-1・一人突出して、パーティーに見捨てられるハメとなり、自称神様に助けられる
1-2・危機的な状況からパーティーを救い出す。
1-3・自信過剰になり過ぎて、パーティーの輪を乱して壊滅状態になったが、宝物だけは手に入れる。

2-1・とある依頼で多数の魔物に囲まれて危機的状況に陥るが、自らが考え出した戦い方で窮地を脱することができる
2-2・指名手配されている魔物を退治する機会に恵まれる。
2-3・村を蛮族より守るための戦いで100人斬りを達成し、称えられる

3-1・貴族の紳士から、謎の魔法に関する実験に参加するように頼まれる機会があり、貴重な体験をする。
3-2・貴族のご息女から使いを頼まれる機会に恵まれ、大変感謝して貰える。
3-3・貴族のご夫人から鬱憤晴らしを頼まれる機会に恵まれ、大変気に入って貰える。

◯3回目(1d6)
そして
1・リザードマン程度なら軽く倒せると踏んで戦いを挑んだが、負けた。
2・ケラスス村まで商隊の護衛をすることになり、途中、茂み隠されていた宝箱を見つけて、それを開けたら、リザードマンに囲まれていた。
3・フラーゲン伯爵から要人警護の依頼があり、フラーゲンのご息女をケラスス村まで警護する予定であったが失敗した。
4・ケラスス村が蛮族の襲撃により、困っているという話を聞き、蛮族退治の依頼を受けたあと、村へ向かう途中に襲われた。
5・そんな夢を見ながら旅を続けていると、リザードマンに襲われた
6・勇者の素質があるのでケラスス村へ迎えと、仙人を名乗る男に言われ、村へ向かう途中に襲われた。

コメントを残す